« お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その1:ハートプロジェクト静岡 | トップページ | お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その3:ハートプロジェクト長崎 »

2012年8月13日 (月)

お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その2:青山学院大学ボランティア・ステーション

 ふるさと伝承館内被災写真展示公開会場では、お盆に帰省される方のために8月17日まで「お盆の特別返却会」を行います。

 「お盆の特別返却会」では、新たに洗浄したアルバムや、特別な印刷機でプリントアウトした写真の展示を開始します。洗浄もプリントアウトも、放っておけば劣化していく被災した写真を、少しでも長く残せるようにするための試みです。

 アルバムの洗浄は、全国の写真団体のみなさまのご協力で行われています。アルバムのプリントアウトは、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社様のご支援で実現しています。

 今週は、数千冊に及ぶ山元町のアルバムの救済のためにご協力いただいている団体さまを、訪問したときの様子を中心にご紹介します。

 二回目は、東京都渋谷区の「青山学院大学ボランティア・ステーション」さんです。6月16日に伺いました。

1

 青山学院大学ボランティア・ステーションさんは青山学院大学の公認の学生団体です。数ある復興支援の企画の一環として、山元町の写真の洗浄を引き受けてくださいました。

2

 代表の瀬川くんと、この日の洗浄の取りまとめをしてくれた中島さんです。青学ボランティア・ステーションのミッションを掲げつつ。

3

 ボランティア・ステーションのスタッフは昨年夏に被災地へボランティアに赴いたのですが、その後も被災地に関わる活動を続けたいというメンバーが多かったのだそうです。呼びかけは全青学生に発信できるポータルシステムというものを利用するそうで、なんと一回の募集で青学生40-50人が集まります!

4

 というわけで作業開始。グループごとに分かれて作業を行います。週末だけ教室を借りて、作業スペースとして使います。

5

 スタッフのみなさんの青いユニフォームが印象的です。

6


7

 乾燥作業。

8

 乾燥のためのスペースはみるみる埋まっていきました。

9

 エネルギーに溢れている現場でした。集合写真もかなりの規模に!

10

 青山学院大学ボランティア・ステーションのみなさま、ありがとうございました!

 外注先紹介、まだまだ続きます。

溝口

|

« お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その1:ハートプロジェクト静岡 | トップページ | お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その3:ハートプロジェクト長崎 »

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その2:青山学院大学ボランティア・ステーション:

« お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その1:ハートプロジェクト静岡 | トップページ | お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その3:ハートプロジェクト長崎 »