« 出張写真返却会@ナガワ仮設 報告 | トップページ | お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その2:青山学院大学ボランティア・ステーション »

2012年8月12日 (日)

お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その1:ハートプロジェクト静岡

 ふるさと伝承館内被災写真展示公開会場では、お盆に帰省される方のために8月17日まで「お盆の特別返却会」を行います。

Dsc_0020_3_2

 「お盆の特別返却会」では、新たに洗浄したアルバムや、特別な印刷機でプリントアウトした写真の展示を開始します。洗浄もプリントアウトも、放っておけば劣化していく被災した写真を、少しでも長く残せるようにするための試みです。

 アルバムの洗浄は、全国の写真団体のみなさまのご協力で行われています。アルバムのプリントアウトは、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社様のご支援で実現しています。

 今週は、数千冊に及ぶ山元町のアルバムの救済のためにご協力いただいている団体さまをご紹介します。訪問したときの様子を中心にご紹介します。

 一回目は、静岡県袋井市の「ハートプロジェクト静岡」さんです。6月8日に伺いました。

1

 ハートプロジェクト静岡さんは昨年春より活動を開始、現在は二つの会場で写真洗浄をされています。こちらは主に山元町の写真洗浄を行っている磐田市向笠公民館です。館長さんのご好意で、2階にあるスペースを写真洗浄に使わせていただいているのだそうです。

1_2

 毎週金曜日に、10人前後の規模で作業をされています。

2_

3_

 こちらは手作りの写真乾燥機です。

4_

 休憩時間には、地元のおいしい緑茶をいただきつつ

5_

 仕上げも丁寧に行ってくれました。

6_

 作業の終わりの記念撮影。

7_

 多くの方は袋井市と磐田市の周辺に住んでいらっしゃるそうです。地元でも被災地のためにできることを探した結果、写真の洗浄に取り組むことにしたというお話を伺いました。みなさんの想いがありがたいです。

 作業後、ハートプロジェクト代表の鈴木靖宏さんにお会いしました。鈴木さんは地元袋井市のカメラ屋さんで、屋号の「すずや」さんの名前で親しまれています。

8

 すずやさんにご案内いただき、本拠地の「どまんなかセンター」を訪れました。なぜ「どまんなか」なのかというと、この辺はもともと東海道の宿場「袋井宿」だった場所で、江戸から数えても京から数えても27番目の宿場、つまり中間の宿場だったからなのだそうです。

9

 この場所は大正時代からあった洋裁学校だったのだそうです。今の所有者のご好意で写真洗浄の場所を提供いただいているとのことです。


10

 こちらで写真洗浄を行います。なんと毎回20人規模で作業をするのだそうです。

11


 訪問後は地元のひつまぶしをごちそうになってしまったり・・・。

12

 リーダーのすずやさんをはじめ、参加される方々のお人柄を強く感じました。ハートプロジェクト静岡のみなさま、今後共よろしくお願いいたします。

 外注団体による洗浄済写真は、17日までの特別返却会期間中は1階ホールにて公開されています。

溝口

|

« 出張写真返却会@ナガワ仮設 報告 | トップページ | お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その2:青山学院大学ボランティア・ステーション »

未分類」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!コメントが遅くなりました。ハートプロジェクト静岡の代表すずやです!山元のみなさんこんにちは!

溝口さんが袋井-磐田に来て頂いた時もこれというおもてなしはできませんでしたが、こうやって外部の洗浄委託先の人間ともしっかりと結びついて責任をもって仕事を遂行していく溝口さんの姿に親子ほども年の違う僕も尊敬の念を抱きました。

今後も必要とされる限り応援の気持ちを示していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

投稿: suzuya | 2012年8月22日 (水) 16時16分

すずやさん、コメントありがとうございます(ToT)今後ともよろしくおねがいいたします

投稿: みぞぐち | 2012年8月28日 (火) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その1:ハートプロジェクト静岡:

« 出張写真返却会@ナガワ仮設 報告 | トップページ | お盆の特別返却会のお知らせと外注先紹介 その2:青山学院大学ボランティア・ステーション »