« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

2011年9月28日 山元町派遣隊日記 その2:卒業アルバムの整理

 今日は卒業アルバムの公開に向けての整理を行いました。Dsc_6927

 箱を詰め替え、在庫のアルバムの学校名と年度をリストアップしていきます。

 リストアップした卒業アルバムの中には、2011年の中学校のアルバムもありました。今年の卒業式は震災当日でした。こんなときはどうしても持ち主が生きていることをいのってしまいます。

Dsc_6937

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

2011年9月28日 山元町派遣隊日記

 ふるさと伝承館での再会風景 その3です。

Dsc_6839

 避難所でPCのボランティアをしていた頃から知り合いのお父さん。この日はたまたまご夫婦で伝承館に立ち寄り、思いがけず6冊のアルバムと再会しました。

20110923_dsc_6492

20110923_dsc_6493

20110923_dsc_6494_2

 賞状が見つかったご家族。
20110923_dsc_6507

 旦那さんの男前写真発見。
Dsc_6819_2

 こちらは校長先生から直々にいただいた写真だそうです。
裏面を見てわかったのだとか。

Dsc_6820_2

 この日見つかった写真は合計で201枚!ちなみに、そのほとんどの写真が「りす会+moi あらいぐま作戦」さんが洗浄してくださったところで見つかりました。
Dsc_6836

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

2011年9月27日 山元町派遣隊日記 その2:えびす像お持ち帰り

えびす像を探しにきたお母さんが、無事に像を見つけました。
息子さんが買ってきてくれた思い出の品なのだそうです。

せっかくなのでとホーチキさんがきれいにしてくれました。

Dsc_6869

そして恒例の記念撮影。

Dsc_6870

Dsc_6871

よろこんでいただけてよかったです。

現地派遣隊 溝口



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月27日 山元町派遣隊日記

 ふるさと伝承館での最近の「再会」風景 その2 です。

Dsc_6453

 お知り合いに教えられて見に来てくださったお母さん。無事に記念の写真をお持ち帰りいただきました。
Dsc_6470

 ご兄弟で集まったときの写真を見つけたお母さん。
Dsc_6472

 常連のお母さん。この日はインデックス・カタログでアルバムを探してみたところ、今までで一番見つかったのではないかというくらいアルバムが見つかったそう。今回は子供のころの写真と一緒に記念撮影です。

Dsc_6483

 エコー写真を見つけてくださった方。記入されている名前から自分のものだとわかったのだそうです。エコー写真も残すことにしてよかった。

Dsc_6491

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

2011年9月26日 山元町派遣隊日記

 ふるさと伝承館での最近の「再会」風景 その1 です。

 インデックス・カタログは大活躍です。

20110904_dsc_4273

20110905_dsc_4305

20110920_dsc_6431

 


 戦時中の通知書や賞状が見つかったお父さん。

20110920_dsc_6421_2

 

 遠方からいらっしゃったご家族。インデックス・カタログで次々と記念写真を見つけました。

20110918_dsc_5112

20110918_dsc_5113

20110918_dsc_5114

 最後に記念写真を囲んでの記念写真。

20110918_dsc_5115
 

続きます。

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

2011年9月25日 山元町派遣隊日記

 今日はふるさと伝承館の整理や並べ替えをしました。ふるさと伝承館の展示場は次々と生まれ変わっています。

_01_2

Dsc_6783

Dsc_6796

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

”市民メディア全国交流集会”番外編”2011 in 仙台”でポスター発表してきました

 9月24日に仙台メディアテークで行われた「市民メディア全国交流集会『番外編』2011 in 仙台」にてポスター発表をしました。

Dsc_6571

 僕たちは「思い出サルベージ・アルバムオンライン~震災で失われたものをIT技術によって救う~」というタイトルで、ポスター、紹介動画、実際に津波に流された写真(持ち主に許可をいただいたもの)の現物展示を行いました。

Dsc_6633

Dsc_6625

 しかも、一番入り口に近くて目立つスペースを展示に頂きました。

Dsc_6577

 僕たちの他にも、10件ほどの企画展示があり、企業、学生、市民団体と非常に多彩な顔ぶれでした。

 他の企画参加者ともいろいろな交流が生まれました。こちらはボランティアの募集で、色々とお世話になっているボランティアインフォの皆さんです。

Dsc_6572

 参加者とのパネルディスカッションでは、山元町災害FM放送りんごラジオの高橋厚さんがパネリストとして活躍されていました

Dsc_6634

 多くの来場者の方に、活動について知ってもらい、いろいろな意見を頂くことができ、
非常に充実した企画展示になりました。

 参加者のみなさま、すばらしい発表の場を作ってくださったスタッフの皆さんに感謝します。


広報ネットワーキングチーム 保良

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

2011年9月23日 山元町派遣隊日記:ホーチキ無双ふたたび

 今週はホーチキのみなさんにお手伝いいただきました。ホーチキさんは相変わらず大活躍でした。

_01

 床に案内を設置してくれたり。
Dsc_6434_01

Dsc_6437_01

Dsc_6440_01

 その場にある材料から簡易ホワイトボードを設置。それを使って被災アルバムの洗浄を行ってくれたり。
Dsc_6444_01

Dsc_6445_01

Dsc_6469_01

 プレハブの写真乾燥場所を作り直してくれたり。

Dsc_6426

 展示場の整備:切れた蛍光灯を迅速に付け替えてくれたり、カタログが見やすいようにライトを増設してくれたり。

Dsc_6464

Dsc_6475

 キセルがかっこよかったり

Photo

 岩沼式の段ボール棚を増設してくれたり

Dsc_6497_01

Dsc_6501_01

Dsc_6520_01

 ホーチキのみなさん、一週間ありがとうございました。

Dsc_6530_01

現地派遣隊 溝口

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

2011年9月22日 山元町派遣隊日記

 きのう台風が通過しました。山元町でもすごい雨風でした。

Dsc_6457

 かつてアルバムを詰めていたカートンの山が崩れましたが、幸いにも他に被害はありませんでした。カートンはヒモで固定してあったのですが・・・台風の威力はすごいです。

 今日の伝承館の風景です。

Dsc_6471

 無事にご自分とご家族のお写真を見つけられました。そのときの記念撮影はまた別の記事にて。

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

卒業アルバム撮影&ちょっと遅めの夏祭りツアー報告

津波で流されたアルバムのうち、複数の人、もしかすると数十人の人が同じものを持っている。そん特殊なアルバムが、卒業アルバムです。
そこで、自衛隊などに回収されたアルバムのうち、卒業アルバムは別扱いにしていたのですが、そろそろ卒業アルバムの取り扱いの目処もついたので、複写をすることにしました。

折しもNPOゆにふりみやぎとの共催で「ちょっとおそめの夏祭り」を開催する時期。
卒業アルバム撮影&夏祭りお手伝いツアーを組むことになりました。 

四十人近くのボランティアさんが東京からのツアーバスに乗車。
現地集合のボランティアさんらと力を合わせ、卒業アルバム複写とお祭りのお手伝いをしました。

20110801_011
複写の作業部屋は夏の名残りの暑さ。水ごくごく。首にはタオル。

お祭りが始まると、屋台のお手伝いもしつつ、自分たちもおおいに楽しみました。
私はカレーの屋台を担当しました。炭火で焼いた鴨も食べちゃいました。おいしかった……(人´∀`).☆.。.:*・゚

明るいうちに写真家・高橋さんが屋上から集合写真を撮影。

20110801_024
屋上からメガホンで「撮りまーす!」

20110801_040
小学生向けバージョン?オレンジのマントつきの「カメラマン」でした。

20110801_028
校庭にはたくさんのキャンドルが……。

20110801_032
本チームもブースを出して検索システムを披露。いろいろな方が来てくださいました。

ボランティアの大矢さんらは、歌とアフリカンダンスで会場を盛り上げます。

20110801_033
まぶしいステージ。

そして真っ暗になった終盤には、花火師の資格を持つ(!)田代さんが打ち上げ花火をあげました。
このブログに載せた写真を撮りながら、写真を一枚でも救いたくて集まったみんなが新しい写真におさまっていることにぐっときて、ちょっと泣きそうになった夜でした。

20110801_045

翌日もばっちり作業して、ツアーバスは無事東京に帰還しました。

現地派遣隊 松本

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

日本社会情報学会で発表してきました

9月9日~12日、静岡大学浜松キャンパスにて、この災害情報支援チームの母体である学会・日本社会情報学会の年に一度の全国大会が開催されました。

9日におこなわれたシンポジウムのテーマは、「東日本大震災から何を学ぶか?:災害と社会情報学」。
東日本大震災に対する学会全体の強い関心のあらわれでしょうか。
災害情報支援チームのパートナーである山元町の副町長も登壇されました。

災害情報支援チームのメンバーのみの発表も三つおこないました(^^)
最初のひとつは、プレスカンファレンス。
9日の夜、正式な研究発表の開始を前に、リラックスした雰囲気でおこないました。

Img_5711_4  
副町長はプレスカンファレンス冒頭でも活躍。

テーマは「派遣隊リーダーズトーク」。派遣隊のリーダーたちが活動を紹介するとともに、災害情報支援の問題点、乗り越えてきた課題について話すというものです。
司会は田代光輝さん(産業技術大学院大学)。

Img_5716

登壇者は、いずれも豊富な現地活動実績を持つ吉田寛さん(静岡大)・保井元さん(静岡大)・安達千李さん(京都大)・保良康平さん(東北大)・溝口佑爾さん(京都大)・柴田邦臣さん(大妻女子大)。

Img_5725_2
吉田さん、柴田さんは大学教員ですが、あとは院生です。発表がフレッシュ。

Img_5729
山元町で活動中の安達さんはskypeで登壇。

あとのふたつはワークショップ形式です。ひとつは「被災地・山元町の現状と未来、そしてコミュニティラジオ」。
山元町での活動のコーディネータとして活躍する星和人さん(NPOゆにふりみやぎ)が、震災後の山元町はどのような状況でどのような情報を必要としていたかを話し、

Dsc05364_2
震災後から現在までの山元町のリアルな様子が語られました。

りんごラジオの運営・パーソナリティである高橋厚さんがラジオではどのような情報を提供したか、その役割はどう変化してきたかを話し、

Dsc05329_4
ラジオで発信する情報も時を経るごとに変化してきた、とのこと。

この記事を書いている松本(サイバー大)が情報学の観点からおふたりの話にコメントするという構成でした。

Dsc05368_2
リアリティあふれるお話に無味乾燥なコメントをはさむのはじゃっかん気が引けました。

もうひとつのワークショップのタイトルはずばり「思い出サルベージアルバム・オンライン」。
泥はき・洗浄、複写、レタッチ、アーカイブの各リーダーをスピーカーに迎え、それぞれのプロセスについて語るというものです。

泥はき・洗浄のスピーカーは溝口さん。
複写のスピーカーは高橋宗正さん(写真家)と新藤祐一さん(Web屋)。

Dsc_4678_2  
複写システムや物品調達から写真が果たす役割まで、いろいろなお話を伺いました。

レタッチのスピーカーは久保山智香さん(映像編集)。

Dsc_4686
女優さんの皺を消したりするレタッチ技術を被災写真のサルベージに大活用中。

アーカイブのスピーカーは服部哲さん(神奈川工科大)

Dsc_4683
ニフティ提供のCMSを使ってアーカイブ化したプロセスを説明。

これらの発表以外の場でも「思い出サルベージアルバム・オンライン、応援してますよ」と何人もの方に言っていただきました(*´∀`*)
募金もいただいたりしたのですが、そのお話はまた別エントリで。

発表者のひとり 松本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

2011年9月6日 山元町派遣隊日記

 ふるさと伝承館での業務にホーチキさんが復活してくれました。男前の受付で大活躍でした。
Dsc_4370

 今日も、いろいろなドラマがありました。
Dsc_4373




Dsc_4374

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

9/18(日)・19(祝)、宮城県山元町でお祭り運営補助・写真複写ボランティア 共催バスツアーを募集します!

Photo_2

9/18(日)に山元町山下第一小学校で、ボランティアと住民の皆さんの交流を目的とした「ちょっとおそめの夏祭り」を開催することになりました。
地元出身の方中心に活動されているNPOゆにふりみやぎと、私たち日本社会情報学会災害情報支援チームが手を組み、山元町の皆さんに新しい思い出を作っていただこうと考えています。

また、がれきの撤去や整理が進むことで、複写が必要な被災写真も増えてきました。現地スタッフの手による複写では手に負えず、みなさんのお力が必要な状況です。

そこで、このお祭りの準備や運営をお手伝いいただくボランティアの方と、写真複写をお手伝いいただくボランティアの方を共同で募集し、東京から山元町への一泊二日バスツアーを開催します。

思い出をお返しするためのお手伝いと、新しい思い出を作るためのお手伝い。
それぞれ、みなさんのお力を貸してください。


開催日:
9月18日(日)、19日(月)

集合場所:新宿駅西口ロータリー

活動場所:宮城県山元町役場および近隣の活動場所・山下第一小学校

宿泊:温泉旅館で、男女分かれて相部屋での宿泊です。
※タオル・浴衣・歯ブラシなどのアメニティはありません。
※温泉には思う存分入れますのでご堪能ください。

募集人数:40名(最小催行人数30名)

参加費:16,000 円(30名で開催の場合)
※参加人数が増えると安くなります  例:40名で14,000円
 ぜひお友達・お知り合いと誘い合わせの上ご応募ください。
※往復移動費・宿泊・朝食1・昼食2・機材消耗品代含む
※宿泊・移動が必要ない場合:1,000円(昼食1・機材消耗品代)
※宿泊のみ:6,500円(宿泊・朝食1・昼食1・機材消耗品代)

注意:9月13日時点で最小催行人数に満たなかった場合は、バスの運行はなく、別途、公共交通機関の利用をご案内します。
宿舎の都合により男女ごとに定員が異なる場合があります。また、活動において必要な機材やスキルの都合上、申込後にお断りする場合もございます。あらかじめご承知おきください。


具体的な作業内容:

【お祭り隊】
・お祭りが始まるまでは設営や調理補助
・お祭り中は交代で運営補助や売り子さん
・お祭り翌日は撤収補助

【複写隊】
・被災写真を複写(写真経験者)
・写真のナンバリング等の整理
・写真展示補助

・それぞれ、作業以外の時間はお祭りを楽しんでください!


スケジュール:

【18日】
6時30分    新宿駅西口ロータリー集合・出発
(途中休憩2回・車内で昼食)
13時    現地到着。作業場所で説明の上、複写隊とお祭り隊に分かれて作業開始。
お祭り隊はお祭り準備、複写隊はアルバム複写。
16時 複写隊作業終了、お祭り会場へ。
(お祭り会場で各自夕食)
19時    お祭り終了。旅館へ。
(小原温泉旅館かつらや泊)

【19日】
8時    各自朝食の上、旅館出発。
9時    到着後、複写隊とお祭り隊に分かれて作業開始。
(適宜昼食)
15時    作業終了。東京へ向け出発。
(途中休憩2回)
22時    新宿駅西口到着、解散。
※道路状況により時間が前後する場合もあります。

お申し込みはこちらから
※お申し込み締め切りを延長しました。

お問い合わせ先:
vr.jsis.bjk@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

2011年9月5日 山元町派遣隊日記

 月曜はふるさと伝承館の休館日です。休館日には、展示場の整備や、展示されている写真・アルバムのチェックを行います。今日はE地区の一部とF地区のチェックを行いました。

Dsc_4303

Dsc_4302

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月4日 山元町派遣隊日記 その2:ちびっこカメラマン出現

 ふるさと伝承館に来てくれた男の子にカメラを渡してみたところ、気に入ってくれたらしく、瞬く間にカメラの使い方を覚えていきました。

Dsc_4246_01

Dsc_4240_01

Dsc_4215_02  

 館内外にて、5歳児の視覚からたくさんの写真を撮ってくれました。取ってくれた300枚弱の中からのピックアップです。

Dsc_4185

Dsc_4063

Dsc_4073

Dsc_4029_01

Dsc_4035

Dsc_4127

Dsc_4170

Dsc_4203

Dsc_4134

Dsc_4135

Dsc_4149

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

2011年9月4日 山元町派遣隊日記 その1:今日のふるさと伝承館

 多くの来客でにぎわった本日4日(日曜日)のふるさと伝承館でのお持ち帰りの様子です。

 写真を発見したご友人から連絡をもらったご夫婦。たくさん見つかりました。
Dsc_3976

 アルバムをカタログにした、インデックス・カタログでご自分のアルバムを見つけられたお母さん。
Dsc_3954

 これまで何度も足を運んだけれども見つけられなかったお父さん。今日インデックス・カタログから探してみたところ、結婚式 の写真が5冊も見つかりました。

Dsc_4273_2

 今日から展示を開始した大判写真も、さっそくお持ち帰りがありました。

Dsc_3982

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月3日 山元町派遣隊日記:大判写真の展示開始

 伝承館が休館日の今日は、明日からの公開に向けて大判写真を整備しました。大判写真というのは、ポケットアルバムに入りきらなかった写真です。

 大判写真はスペースの問題でこれまで展示できませんでしたが、大工さんボランティアが作ってくれたスペースを利用することで公開が可能になりました。岩沼で展示をしていたボランティアスタッフのみなさんが展示の棚を作ってくれました。

 展示スペースは1階にあります。
Dsc_3958

 案内も整備しました。

Dsc_3977

 アルバムはすべて2階へ。

Dsc_3966

 2階から1階を見るとこんな感じ。
Dsc_3961

 最後に記念撮影。前列が岩沼のみなさんです。ありがとうございました!

Dsc_3963_01

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

2011年9月2日 山元町派遣隊日記 その2:大工さんボランティア大活躍

 この2日間、大阪からいらっしゃった大工さんたちがボランティアでふるさと伝承館の展示用棚作りをしてくださいました。いつもは1か月に一度山元町を訪れてテラセン(お寺のボラセン)のお手伝いをされるのですが、今回はこちらに来てくれました。

 切ります。材料も用意してくださったものです!

Dsc_3888

 組み立てます。

Dsc_3907

 運びます。

Dsc_3911

 あっという間に、1階部分に本棚が4つ増えました。

Dsc_3942

 2階の棚も底上げしてくださいました。

Dsc_3951

 大工のみなさん、ありがとうございました!

Dsc_3916

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月2日 山元町派遣隊日記 その1:持ち主との再会

 最近のふるさと伝承館にて、写真が持ち主と再会した場面を集めてみました。

 デジタル化したデータを利用したカタログを見て、自分のアルバムを見つけたお父さん。
カタログと一緒に記念撮影です。

Dsc_3772

 常連のみなさん。毎日大量に写真を見つけられます。

Dsc_3828

Dsc_3910

Dsc_3908

 ご親族の写真を大量に見つけたお母さん。

Dsc_3835

 アルバムを24冊見つけたご家族。一度に持ち帰られたアルバム冊数の最高記録更新です。おめでとうございます。

Dsc_3906

 なかなか写真が見つからなかったけれど、何度も足を運んでくださったお母さん。前回初めてご家庭の写真を見つけて、探す元気が出たのだそうです。今日は昔飼っていたワンちゃんの写真を見つけました。

Dsc_3927

 この後も順調に写真を見つけ、結局お持ち帰り枚数は200枚に到達しました。おつかれさまでした。

 掲載許可をいただいたワンちゃんの写真。蛇を取るのが得意(!)なワンちゃんだったそうです。

Dsc_3932

 津波で劣化した画像でも、映りこんだソファなどから自分の家のものだと判断できるのだとか。たとえ劣化していたとしても、写真は思い出を鮮明に蘇らせてくれるのだと、おっしゃってくださいました。

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

2011年9月1日 山元町派遣隊日記:ネガ職人の千葉さん

 今日は、被災したネガから写真を現像するボランティアを引き受けてくださっている、宮城県写真商業組合理事長の千葉英樹さん(チバフォート)が来てくれました。

 ネガを洗浄した上で現像するのには高度な技術と手間がかかります。それらをすべて無償で引き受けてくだる千葉さんのご協力によって、現像したネガ写真を 多数展示することが山元町で実現しています。千葉さんはすでに数千枚の写真を銀塩写真としてプリントして持ってきてくださいました。展示場の中でもひとき わ美しいその銀塩プリントは、すでにふるさと伝承館になくてはならない存在です。

 先日急性の心筋梗塞に見舞われ、なんとか一命を取り留めた千葉さん。そんななか、今日も美しいプリントを持って山元町を訪れてくださいました。(持ち主不明の写真のため、プリントした写真がお見せできないのが残念です。)被災地支援には、様々なドラマがあります。

Dsc_3833_01

 千葉さん、今後ともよろしくおねがいします。

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »