« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

第五回大複写洗浄会 報告

高速道路の割引が終了しても、ボランティアにきてくださる方々!

ありがたすぎます!
今回はリピーターの方がお友だちを連れてきてしてくださったり、兄弟を連れてきてくださったり、会社の同僚を連れてきてくださったり、奥様を連れてきてくださったり、ご両親を連れてきてくださったり!(=´∀`)人(´∀`=)
独自に支援の和を広げてくれたのです!

  51_4

30名さまに参加していただき、洗浄2600枚、複写15000カット進める事ができました。

洗浄した写真を展示返却している山元町伝承館には、オープンからたくさんの方々が思い出を探しに訪れ、実際にご自身やお知り合いの写真を見つけています!

52

伝承館から離れたところで作業しているボランティアの皆様には、中々この瞬間に立ち会っていただくことが出来ないのですが、、今回、奇跡が起こりました!

被災アルバムを複写していた、山元町出身、東京在住のある男性が静かに仰いました。
このアルバム、僕の親戚のものです。。」
そのアルバムは相当古いもので、セピア色の写真の間に、とても丁寧に写っておられる方の名前が書かれていました。

この男性がこの日に参加してくれたこと、複写を担当したこと、何よりも膨大なアルバムのうちのこの一冊が彼の前に現れたことは、奇跡としか言いようがなく、その場にいた全員が、言葉にならない感動を分けてもらいました。

アルバムのご親戚は残念ながら津波で亡くなっており、家もすべて流されてしまったそうです。
だからこのアルバムが見つかってとても嬉しかったと、男性はおっしゃっていました。

…アルバムも、持ち主の元にはやく帰りたいみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

卒業アルバム、お預かりしました

山元町にある小学校には、津波の被害を受けてしまったところがあります。

業務で、ある被災した小学校の前を通りかかった時、ボランティアさんが校門のところに、何かあるのを発見しました。

Image1057_2 

なんだろう・・・? 近づいてみると・・・

Image1058

小学校の卒業アルバムでした。そっと、一番きれいなページが開かれて、立てかけてありました。

津波に流されてしまったアルバムのうち、卒業アルバムは印刷物ですから、ページが張り付いてしまって石のように固くなり、開かなくなってしまうものが大半です。ただ、この卒業アルバムは、このページだけが偶然、開くことができました。

小学校の子どもたちの思い出・・・楽しそうな歓声が、聞こえてくるような気がしました。

どなたかが立てかけてくださったのだと思います。あまりにその気持ちが伝わってくる気がして、そのままにしておこうか、正直とても迷ったのですが、このままですと潮風に吹かれ雨に打たれ、状態がひどくなってしまいます。大変恐縮ですが、派遣隊の方で一時お預かりさせていただきました。

固まってしまった卒業アルバムのサルベージは、もっとも困難を極める仕事です。ただ、なんとかして解決法を考え、少しでも状態が良くなったものをお返ししたいと思っています。もしお心あたりの方がいらっしゃれば、ぜひご連絡ください。メールでも青い腕章のものを呼び止めるだけでも結構です。お待ちしております。

小学校の思い出を、なんとかお返しできるよう、全力を尽くします。

現地派遣隊 柴田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

第四回複写・洗浄会無事完了しました!

今回は総勢50名弱。
リピーターさんも増えてきた今回の複写洗浄会。

今回は長野や岐阜、果ては奈良や福岡!といった遠方からの参加者が多いのが印象的でした。遠路はるばるありがとうございます。自走される場合は安全運転と休憩は忘れずにしてくださいね。

41_2

今回は複写拠点が2ヶ所に分けて撮影スタッフを倍増させた効果が
大きく、ついに2日間で夢の2万ショット越えを達成!データ担当が容量に悲鳴を上げるくらいの成果が得られました。
42_3
 

びっしりと貼られたアルバム用ナンバリングが撮影数の多さを物語
ります。

夜はだんだん恒例となってきた白石は小原温泉、旅館かつらやさんへ宿泊。食事場所で輝く「第四回」の文字の重さを実感。

43

朝食はバイキング形式。体を動かすためにきっちり食べますよ!

44

そして翌日も朝からきっちり撮影・洗浄。
洗浄の終わった写真を乾燥させて無事終了しました。

45

一部スタッフは月曜まで残り、
複写の終わったアルバムを返却するための展示準備をお手伝い。予想以上に手間取ったものの、無事展示会場が完成しました。
これからアルバムを町の皆さんに返却していく作業が本格化していくんだな、と改めて気を引き締めるスタッフ一同でした。

46


現地派遣隊 古関

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

プロペット関東営業所(プロテックス)様から複写台10台ご提供いただきました!

この度、プロペット関東営業所(プロテックス)様より、複写作業で使用する複写台を10台ご提供いただきました。
写真用品メーカーとして、震災に役に立つ方法を検討されていたとのことで、思い出サルベージアルバム・オンラインの活動にご賛同いただき、ご提供いただくことになりました。

プロペット様はプロ用ストロボメーカーで、最近よく使われるモノブロックタイプのストロボでは最大手。プロカメラマンの中では知らない者のないメーカーで、実際にJSIS-BJKスタッフのプロカメラマンもモノブロックストロボを愛用しています。

複写台10台は引き取りに伺ったステーションワゴンにちょうど一杯に。
これから山元町へ運び、大事に使わせていただきます。
プロテック関東営業所(プロテックス)様、また担当の関口様、誠にありがとうございました。


Ts3w0007

工場長さん(左)と担当の関口さん(右)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

ハートプロジェクトさんと写真洗浄を行いました

今日は大洗浄・複写会の裏で、横浜にあるハートプロジェクトさんの作業場にて写真洗浄をお手伝いさせていただきました。
こちらでも継続的に山元町の写真を洗っていただくことになり、今日がその一日目です。

洗浄もバッチリ!
1

乾燥もバッチリ!
2

ナンバリングもバッチリ!
3

こんなに整った環境で洗浄を行うのは初めてでした。
作業場は写真洗浄のために借していただいているそうです。
美しい支援の形!

洗浄後には作業に参加されたみなさんから一言づついただきました。
「繋がり」を大切に感じたという言葉が印象的でした。

思い出サルベージとしては初めての被災外地での作業は大成功でした。
ハートプロジェクトのみなさん、今後ともよろしくお願いします!

ハートプロジェクトさんのブログはこちらから。

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

2011年6月17日 山元町派遣隊日記

今日は町役場総務課の職員さん、臨時職員さんのほか、ボランティアの方にもご協力いただきながら、写真のナンバリングと整理を継続しました。

また、さらに多くの写真を展示できるよう、新たなスペースを準備中です。
Imgp8045

Imgp8057_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

6/25以降の宮城県山元町・写真洗浄複写ボランティア募集、ピンチです!

6/19で休日高速代1000円制度が廃止されることもあって、6/25以降のボランティアの方の応募が激減しています。

6/18-19は40名を越すボランティアの方に集まっていただいていますが、その次の6/25-26はまだ10名程度の応募しかありません。その後はもっと少ない状況です。

全てを手弁当でお願いしているボランティアなので、かかる経費が高くなれば応募しにくくなるのは当然のことと思います。しかし、被災した写真は一刻を争う状態です。なんとしても皆さんのお力が必要です。

そこで、あまりお金をかけずにお越しいただく方法をご提案します。


1.高速バス
東京から仙台への高速バスはかなり充実しています。
一番安い料金なら3000円を切るものも。機材もこちらにある程度は用意がありますので、荷物を減らして来ることができますよ。
http://travel.rakuten.co.jp/bus/

2.自家用車
高速代は高くなってしまいますが、たくさん乗ればやはり自家用車は割安です。
往復のガソリン代は大体1万円程度。高速代は休日割引で浦和-白石ICで3250円。
往復でガソリン代と合計で16500円程度。4人乗れば一人あたり4000円程度です。
ぜひお友達といらしてください。

3.貸切バス
地元の方のご協力により、20人以上の方が希望されたら貸切バスをチャーターすることができます。大型車は高速代無料のため、バスの貸切費用のみで往復できます。ただ、人数がいないと難しいため、多くの応募が必要です。

これまでにも多くの方にいらしていただきましたが、企業単位で有志を募っていただき、大勢の方にお越しいただく場合もありました。そういった場合にもバスのチャーターも可能です。ぜひ、お気軽にお声がけください。
また、土曜日だけ、日曜日だけといった応募も可能です。


多くの方のご協力で、これまでにたくさんの写真を救うことができました。
しかし、これから夏になることで写真の劣化はさらに進みます。
なんとしても7月の半ばまでに写真を救うために、みなさんのお力を貸してください。
プロカメラマンの方はもちろん、写真なんてよく分からないという方も大歓迎です。専門技術が無くてもできる仕事はたくさんあります。
どうぞ、よろしくお願いします。

お問い合わせはお気軽にこちらからどうぞ。
参加のお申し込みはこちらからどうぞ。


活動参加担当 新藤

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年6月16日 (木)

2011年6月15日 山元町派遣隊日記

今日は町役場総務課の職員さん、臨時職員さんのほか、

財務局からのボランティアさん2名をお迎えして、写真のナンバリングと整理をしました。

公民館近くのテントで展示中のアルバム等もたくさんの方に見に来ていただいているようで、今日は15件が返却されたとのこと。


現地派遣隊 安達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

2011年6月13日 山元町派遣隊日記

写真のことをもっと知るために、写真のサルベージの合間には撮影の練習もしています。

目に付いたものを慣れないマニュアル撮影で日々激写していきます
今日役場で撮れたのはとびきりの笑顔でした。

Img_1995

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗浄複写会FAQ(よくいただく質問)

洗浄複写会の参加にあたってよくいただく質問をまとめました。

 

Q.山元町まではどうやって行くのですか?

A.公共交通機関の場合は仙台駅から亘理駅まで常磐線、亘理駅から山元町役場(山下駅)まで代行バスです。なお、山下駅は被災したため、現在山元町役場が山下駅バス停になっています。
代行バスの時刻はこちらをどうぞ。

自家用車の場合は東北自動車道白石ICから1時間程度です。

 

Q.写真の経験がない/プロカメラマンではなくても参加できますか?

A.複写以外にもお手伝いいただきたい作業はたくさんありますのでぜひご参加ください。

 

Q.機材は何が必要ですか/機材が無くても大丈夫ですか?

A.1000万画素以上の一眼レフカメラ、プロ用三脚をお持ちの方はぜひお持ちください。
お持ちではない方も、こちらにも機材の用意がありますので、安心してご参加ください。

 

Q.照明機材は必要ですか?

A.現地は電源容量に限界があるため、自然光とレフ板で撮影を行っています。そのため、必要ありません。

 

Q.長靴は必要ですか/鉄板入りの中敷きは必要ですか?

A.写真洗浄複写ボランティアですので、がれきの撤去などはありません。ホコリの多い環境ですので汚れてもいい普通の格好でお越しください。また、現地は土足禁のため上履きのご用意をお願いします。

 

Q.食事の用意は必要ですか?

A.初日の昼食のみご用意ください。夕食・朝食は旅館で取っていただきます。翌日の昼食はこちらで弁当を手配しております。

 

Q.現地でテント泊/自炊可能ですか?

A.現地ではテント泊・自炊などはできません。原則的にこちらで用意した旅館にお泊まりいただくか、ご自分で宿泊地をご用意ください。

 

Q.現地までの道は通行できますか?

A.現地までの道路は所々補修中ですが、通行に問題はありません。一般的な自動車で特に問題なく通行可能な状況ですので、安心してお越しください。
(6/17追加)

 

他にもご質問がありましたら、お気軽にこちらからおよせください。
みなさまのご参加お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮城県山元町・洗浄複写会、参加ボランティア募集中(※現在は募集しておりません)

※現在は募集しておりません

この度の東日本大震災による津波で泥を被ったのは家だけではありません。思い出が詰まった一枚一枚の写真も泥を泥をかぶってしまいました。

その写真を、心をこめて泥を掃き、洗浄して複写し、今持ち主不明となっている写真を持ち主の手元に届ける、それを目的とした「思い出サルベージアルバム・オンライン」というプロジェクトを進めています。

Photo_3


宮城県山元町で被災した写真はおよそ20万枚。
梅雨による湿気と気温の上昇で、被災写真の劣化が始まっています。
一刻も早く多くの写真を劣化から救うため、週末に「大洗浄・複写会」を開催し、写真の洗浄・複写によりデジタル化作業を進めています。

これまで3回開催した大洗浄・複写会では大変多くのプロカメラマン、写真愛好家、一般の方のボランティア参加を得て、大変多くの成果を上げることができました。

この3回で全体の半分以上のデジタル化が完了しました。
残りの写真を湿気や温度による劣化から救うため、みなさんの力が必要です。

_dsc0252

これまでこのブログでは複写ボランティアを募集してきましたが、洗浄のみ担当される方も合わせて募集します。
プロカメラマンの方はもちろん、複写って何だろうと思われる一般の方にも、沢山お手伝いいただきたい仕事があります。写真のことが分からなくても大丈夫。
経験者が丁寧にやり方を伝授します。

もちろん、これまで同様、プロカメラマンの方の協力も必要です。ぜひご応募をお願いします。

参加していただける方は、以下の宛先までぜひご連絡お願いいたします。


---------------------------------

日時:
第4回 6月18日(土)-19日(日)(終了しました)
第5回 6月25日(土)-26日(日)(終了しました)
第6回 7月2日(土)-3日(日)(終了しました)
第7回 7月9日(土)-10日(日)(終了しました)
第8回 7月16日(土)-17日(日)(終了しました)
第9回 7月30日(土)-31日(日)


場所:山元町役場および近隣の活動場所

宿泊:有志で引き受けてくださった白石市小原温泉の旅館

募集人数:20名

参加費:6500円(宿泊費・昼食一回・機材消耗品代含む)
※学生の方等には、無料宿泊所の相談も引き受けます。
※仙台などからの参加で宿泊が必要ない場合は、1000円(昼食一回・機材消耗品代含む)です。

参加にあたってよくいただく質問はこちらからどうぞ。

お申し込みはこちらからどうぞ。
第9回 7月30日(土)-31日(日)
(一般の方のご応募は定員に達したため締め切らせて頂きます。カメラマンの方のみ募集しております)

---------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

第三回複写・洗浄会も大成功

総勢約60名。
このブログなどで写真複写・洗浄ボランティアを募集したところ、なんだかたいへんな人数の方々にご応募いただき、第三回の複写・洗浄会を実施することができました。

Img_0326_2


Img_0344

作業中にマスクをしているのは、写真についている粉状の泥が飛ぶからです(上の写真の方のマスクは、ちょっと特別にすごくて、たいていはふつうのマスクですけれど……)。

Img_0325

泥は津波の一部です。三ヶ月前の、あの圧倒的な波の、乾燥した切片です。複写・洗浄会では写真についた泥を帚で払い、あるいは水につけて落とし、きれいになった写真をもう一度撮影してデジタル化します。

私たちはおそらく、津波に飲まれて理不尽にもぎ取られた何かを、少しでも取り戻そうとしています。押しよせた海の波の切片を手で払うという、ひどくささやかな行為の繰りかえしによって。

Img_0315

なにしろ人数が多く、気合いも充分、これまでに蓄積したノウハウもあります。前回に引き続き、データ化の記録を更新しました。
二日間で複写枚数一万カット超えを達成!

Img_0341_2  

夜は第二回と同様、みんなで同じ宿に泊まりました。翌日の作業を終え、別れるときには、一日前まで知らない者同士だったとは思えない雰囲気になっていました。

でもまだたくさんの写真が残っています。どうか引き続き、みなさまのお力を貸してください。第四回は来週末の18、19日を予定、ただいまボランティア募集中です。

Img_0348_2

 

お問合せはこちら。↓

-------------------お問い合わせ-------------------

日本社会情報学会(JSIS -BJK) 災害情報支援チーム 
代表: jsis.bjk@gmail.com
活動参加・協力の窓口: vr.jsis.bjk@gmail.com  
広報担当(取材など): pr.jsis.bjk@gmail.com

---------------------------------------------------

現地派遣隊 松本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

2011年6月10日 山元町派遣隊日記

東北大での写真洗浄作業が終了したので、引き取りに。
山元町役場+自衛隊+東北大生の奇跡のコラボが無事終了。
丁寧な仕事に脱帽しました。
東北大のメンバーは尊敬できる人たちばかりです。

Img_1584


Img_1591



Img_1595


現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

2011年6月9日 山元町派遣隊日記

仮設住宅への入居が進む山元町。
つばめも役場の入り口に仮設住宅を建設しています。

Dsc_0101_4

今日の作業のようす。

Img_1438_2

Dsc_0099_2

現地派遣隊 溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

2011年6月8日 山元町派遣隊日記

今日も今日とてロイヤルグループのみなさんが大活躍。
今日の作業効率は当社費3倍くらいでした。
ロイヤルの皆さんありがとうございました。

201106081_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

2011年6月7日 山元町派遣隊日記

今日ボランティアに来てくださったのはロイヤルグループの皆さんでした。

店長だけではなく重役もすばらしい働きっぷりでした。

2011672_3  


今日山元町でのキリンカップのパブリックビューイングが行なわれ
ました。
白熱の試合でした。

2011671_3


現地派遣隊 溝口


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回複写・洗浄会、大成功

第二回複写洗浄会も大成功でした( ´ ▽ ` )ノ

交通費宿泊費食費完全自腹、にも関わらず、

16名もの方々が参加してくださいました!
ご自身の高額機材を手に遠路はるばる来てくれた本気カメラマンさままで!

先行洗浄活動中の山元町役場の被災写真サルベージ担当職員さま、東北大学復興支援プロジェクトHARUと力を合わせ、大量の写真・アルバムを洗浄、複写しました!

Dsc00847_2

やはりプロがいると早い早い!なんとこの2日で八千カット近い複写データが!

でもコレ、作業場は広くないので、一部の方には洗浄をやってもらっての数ですから!(洗浄カメラマンなんて上手いこと言ってる人もいたとか、いや、いないとか?)

カメラに興味はあるけど、詳しくない学生さんも、プロに教わるいい機会になったかも?

Dsc00851

それとデスね、今回から白石市の温泉宿「かつらや」にお世話になることになりました!
風情ある露天風呂で砂埃にまみれ、汗だくになった体を癒してもらいましたよ。

初対面でも、被災地の思い出を救おうと立ち上がった同志、宿ではおおいに結束が強く、固くなった模様。。

Dsc00862

活動終了後は別れが惜しかったですね。ヽ(´o`;
大変お疲れ様でした!


さて、継続的に皆さまのお力が必要です。活動に参加されたい方はもちろんプロのカメラマンじゃなくても大丈夫ですので、安心して連絡くださいませ!そして今回参加いただいた皆さまも是非また来てください!

お問合せはコチラ↓

-------------------お問い合わせ-------------------

日本社会情報学会(JSIS -BJK) 災害情報支援チーム 
代表: jsis.bjk@gmail.com
活動参加・協力の窓口: vr.jsis.bjk@gmail.com  
広報担当(取材など): pr.jsis.bjk@gmail.com
電話:090-5551-9272

---------------------------------------------------

現地派遣隊 久保山

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

6月11日-12日/ 6月18日-19日のボランティア募集中

第3回・第4回のボランティア募集は終了しましたが、その後も募集しております。
どうぞこちらからご応募ください。

この度の東日本大震災による津波で泥を被ったのは家だけではありません。思い出が詰まった一枚一枚にの写真も泥を泥をかぶってしまいました。

その写真を、心をこめて泥を掃き、洗浄して複写し、今持ち主不明となっている写真を持ち主の手元に届ける、それを目的とした「思い出サルベージアルバム・オンライン」というプロジェクトを進めています。

Photo_3 複写作業のようす。


宮城県山元町で被災した写真はおよそ20万枚。
梅雨による湿気と気温の上昇で、被災写真の劣化が始まっています。
一刻も早く多くの写真を劣化から救うため、週末に「大洗浄・複写会」を開催し、写真の洗浄・複写によりデジタル化作業を進めています。

5月21-22日、6月4-5日と開催した大洗浄・複写会では大変多くのプロカメラマン、写真愛好家、一般の方のボランティア参加を得て、大変多くの成果を上げることができました。

この二回で全体の2/5程度のデジタル化が完了しました。
残りの写真を湿気や温度による劣化から救うため、みなさんの力が必要です。

これまでこのブログでは複写ボランティアを募集してきましたが、洗浄のみ担当される方も合わせて募集します。
プロカメラマンの方はもちろん、複写って何だろうと思われる一般の方にも、沢山お手伝いいただきたい仕事があります。写真のことが分からなくても大丈夫。
経験者が丁寧にやり方を伝授します。

もちろん、これまで同様、プロカメラマンの方の協力も必要です。ぜひご応募をお願いします。

参加していただける方は、以下の宛先までぜひご連絡お願いいたします。


---------------------------------

日時:第3回 6月11日(土)-12日(日)/ 第4回 6月18日(土)-19日(日)
※第3回は終了しました。

場所:山元町役場および近隣の活動場所

宿泊:有志で引き受けてくださった白石市小原温泉の旅館

募集人数:40名

参加費:6500円(宿泊費・昼食一回・機材消耗品代含む)
※学生の方等には、無料宿泊所の相談も引き受けます。
※仙台などからの参加で宿泊が必要ない場合は、1000円(昼食一回・機材消耗品代含む)です。

お申し込みはこちらからどうぞ。
6/18-19 第4回大洗浄複写会 参加お申し込み(受付終了)

---------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

朝日新聞全国版掲載

JSIS-BJK広報担当です。
「思い出サルベージアルバム・オンライン」プロジェクトがマスコミ等に報道される例が増えてきましたので、このブログで順次ご報告します。

6月2日(木)、東京・名古屋・九州地区で発行された朝日新聞全国版朝刊の生活面に、「被災写真再生させ隊 地元学生らがボランティア」というタイトルの記事が掲載されました。

生活面トップでカラー写真つきの、目立つ扱いです。
郵送で写真を受け取ってデジタル化する社会貢献学会のプロジェクトとならんで、本プロジェクトが紹介されています。
デジタル化の意義、連絡先も掲載され、「朝日新聞を見ました」というボランティア参加望などが相次いでいます(^^)

関西圏では少し遅れて明日7日の掲載になるとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

6月4日-5日 続・洗浄複写会カメラ・ボランティア募集締め切りました

5月29日に募集エントリをアップした6月4日-5日の続・洗浄複写会のカメラ・ボランティアについて、おかげさまで私たちの受け入れ可能な人数の上限までお申し込みをいただきました。満員御礼ですm(__)m 
ありがとうございました。
お申し込みは締め切らせていただきます。

当日の様子はまたこのブログでもご報告いたします。
「関心があったけれど、今回は都合がつかなかった」という方も、ぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »