思い出サルベージについて

今回の東日本大震災による津波で泥水にさらされたのは家だけではありません。思い出が詰まったたくさんの写真も、泥をかぶってしまいました。
その写真から心をこめて泥を掃き、洗浄し複写し、誰のものかわからなくなってしまった写真を持ち主の手元に届ける。それが「思い出サルベージ」です。

被害に遭った家などから回収された写真の総数は、実に約75万枚。
少しでも多くの写真を、思い出を、山元町に残すために、協働のネットワークを広げて活動しています。

Photo


紹介動画


お問い合わせ


活動のご支援

  • 思い出サルベージは活動を継続するため、ご支援を必要としています。ご関心・ご興味をいただけましたら、こちらよりご連絡ください。:omoide.salvage@gmail.com

facebookページ


Bklostfound02

津波、写真、それから —LOST&FOUND PROJECT

  • 印税はすべて山元町への寄付になります。
  • 全国書店のほか、インターネットでも販売しています

赤い羽根共同募金 災害ボランティア・NPO活動サポート募金 のご協力で活動しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

出張写真返却会@牛橋区民会館、無事終了しました!

牛橋区民会館へははじめての出張でしたが、
住民のみなさまが暑い中写真を探しに来てくださり、
何百枚も写真を見つけてくださるという思い出深い返却会となりました。
ご協力くださったみなさま、ありがとうございました!

14054302_883335301799673_28076369_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

【企画展】 ~ 3.11から5年 ~「思い出サルベージ」の写真救済活動から

3月11日(金)より2週間、六本木のフジフイルムスクエアにて企画展をさせていただきます。
開催期間 2016年3月11日(金)~ 2016年3月24日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで)
会場 フジフイルム スクエア ミニギャラリー
入場料 無料
震災から5年を迎える被災地では、今なお復興は途上であり、様々な支援がなされています。今回の企画展が、我々の活動に限らず今でも地元に根差して続けられている支援、そして被災した地域の現状にあたらめて目を向けるきっかけとなれば幸いです。東京近郊の方はぜひ足をお運びください。

  • 【企画展】 ~ 3.11から5年 ~「思い出サルベージ」の写真救済活動から
     http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/minigallery/16031103.html

  • ※現地活動優先のため、11日を含め開催期間中は基本的に思い出サルベージスタッフが不在となります。あしからずご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/28 出張写真返却会@新山下つばめの杜集会所

今日は初の災害公営住宅への出張でした。
たくさんの方にお越しいただき、初めて写真を探しに来られる方もいらっしゃいました。
避難所や仮設住宅でお会いした方々との再会、持ち主に見つけていただいた数千枚の写真、
お返ししたかったこの一枚。
今日まで続けてこられて良かったと思える返却会でした。

12771585_786866661446538_1231045618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

2015/3/28 あと二日

 今日もたくさんの方が被災写真展示返却会場にいらっしゃいました。

 これまでのような常設での展示返却は明日で一区切りとなります。大切な思い出をお探しの山元町の方は、ぜひふるさと伝承館へお越し下さい。

11046359_643048975828308_4400361082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

山元町長より感謝状をいただきました。

 齋藤俊雄山元町長より、思い出サルベージの写真救済活動に対し、感謝状を頂戴しました。

 思い出サルベージからも、これまでの活動への理解と協力、そして来年度以降の形を変えての活動継続への支援について、感謝をお伝えしました。
 
11081141_642606705872535_6139723781
 現在、町役場と覚書を交わす手続きを行っており、完了次第正式なご報告とさせていただきますが、写真返却活動にご理解いただき、来年度も思い出サルベージとして活動を継続していく予定となっております。
 今後ともご支援いただければ幸いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

2015/3/18 すべてはこの瞬間のため

 四年目にして、ようやく写真を見つけられたお母さん(T

-T)わんちゃんやご自宅が写ったアルバムは、神奈川県

茅ケ崎市の「うみべのあらいぐま」さんが洗ってくださっ

たものでした

11083705_637912953008577_4739929137
 なかなかブログを更新できませんが、連日たくさんの思い出が持ち主の元へ戻っています。


 現在の形での常設展示は3月29日まで。みなさまのお越しを心よりお待ちしています。

溝口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

ふるさと伝承館の様子

ふるさと伝承館での常設展示返却会場は、連日にぎわっています。

1907996_635313489935190_87495876540

たくさんのモノクロ写真を見つけたお父さん。

10425455_635313039935235_3531066141

ご本人の1歳になった記念写真なのだそうです。
11026085_635313209935218_6025550303
現在の形での常設展示は3月29日まで。みなさまのお越しをお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

15年3月10日テレビ朝日系列放映 スーパーJチャンネルの報道について

15年3月10日にテレビ朝日系列のスーパーJチャンネルにおいて思い出サルベージの活動を取り上げて頂きました。

3月8日(日)の仮設住宅返却会にお越しいただき、ほぼ丸一日かけて丁寧に取材いただいたものの、緊急のニュースにより時間が無くなったとのことで、大幅に内容が削られての放映になったようです。取材された記者の方も、さぞ残念な結果だったものと思います。

そのためか、若干誤解を招くかたちとなっておりましたので、若干補足させていただければ幸いです。

コストがかかるため財政的に終了すると報じた事例の後に取り上げられたため、山元町も同様であるとの誤解を招きやすい形になっておりましたが、山元町においては低コストでの返却活動をおこなっており、必要な資材・備品・交通費などは思い出サルベージで集めた寄付金や助成金でまかなっています。現地では臨時職員の方にお手伝いいただいていますが、兼任であたられているため、人件費も最小限に抑えております。活動に当たっては、町に負担をかけないよう常に考慮しており、今後も財政にほとんど負荷をかけないよう、活動を行って参ります。

また、返却数が減少しているため活動を終了すると取られる報道となっておりましたが、14年4月から12月までの返却数は66,460枚あり、前年比で90.7%、前々年比で141.9%となっております。前年比で比較すると9.3%との減少ですが、前々年比で比較すると141.9%と大幅な増加となり、返却数が減少していると一面的に言うことは難しい思われます。

元々、山元町の写真回収量は他の自治体に比べても大変多く、約80万枚ほどが自衛隊・消防団などの手で回収されました。現在その約半数の約41万枚をお返ししてきましたが、今も多くの写真をお返しし続けています。

本来放映予定だった3月8日(日)の仮設住宅返却会でも、55世帯お住まいの仮設住宅の中から35名の方にお越しいただき、写真を1000枚ほど、賞状を30枚ほどお返しすることができました。

現状でも写真を探されている方は多く、そして返却できている現状を示す証左かと思います。

活動の終了についても、先日よりお伝えしているように、可能な限りの継続を現在も協議中です。

以上、補足とさせていただきます。

引き続き皆様のご支援を賜りたく、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

15/3/10(火)放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系列)で返却会の様子が紹介されます

明日15/3/10(火)16:53から放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系列)にて、山元町での写真返却の様子が放映されます。
17時台に放送予定とうかがっております。

被災写真をお返しする現場をお伝えできると思いますので、ぜひごらんください。

http://www.tv-asahi.co.jp/super-j/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

15年3月5日付け河北新報の報道について

15年3月5日付けの河北新報において、山元町において被災写真の常設展示・返却が終了するとの報道がありました。

現在行っているふるさと伝承館での常設展示・返却については、終了したいとの意向を町役場よりお伝えいただいております。
しかし、今年度で被災写真返却を取りやめる他の自治体と山元町では事情も異なり、返却数の大きな減少も無く、新たに写真を探しに来られる方も多く、まだまだ写真返却のニーズは高い状況です。
そのため、何らかの形で写真返却を継続できないか、現在も町役場と交渉を続けております。
交渉の結果が出次第、再度お伝えいたします。

報道とご連絡が前後する形になったことを深くお詫び申し上げます。
今も写真を探される方々にとって良い結果がお伝えできるよう努力いたしますので、これからもご支援いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«思い出サルベージが2014年度グッドデザイン賞受賞、グッドデザイン・ベスト100に選出されました